二つの違いって

大人にできるニキビと思春期の頃にできるニキビの違いについてこれから詳しく述べていきたいと思っています。

 

思春期の頃にできるニキビとはまさしくティーンエイジャーの頃にできるニキビで、10代の前半から20代差し掛かるぐらいまでの年代を指すのですが、このあたりにできるニキビはやっぱり新陳代謝が活発化している加減か、勢いが違うような気がします。

洗顔フォームを使ってゴシゴシときれいさっぱり洗い流すと気持ちもすっきりするので私も好きです。

 

肌を傷めないようにと泡立てて擦るのがいいのですが、どうもそれではなんだか物足りないと思い、どうしても手に付けて泡立てればそのまま一気に顔ゴシゴシとしたのが私の性分でした。

 

気持ちでスッキリする部分と、実際は奥の汚れが取れていないという不潔な部分があり、綺麗になったところにニキビは本当にきれいさっぱりなくなるのですが、やはり曖昧に洗っていた部分はかえってひどい炎症起こしててな気がします。

 

でもドラッグストアではニキビの対処法として、いろいろな薬が売っていますので、それらをうまく利用することによって思春期ニキビは対処できたような気がします。

 

大人ニキビについては後述したいと思うのですが、とりあえず思春期のニキビについては清潔に保つことが1番大切で、洗顔フォームはとりあえず自分にあったものを使うのがベストかなと思っています。

 

例えば顔洗った時にあまりにも張り付いた感じがする場合は、それだけ水分をとっていることになりますのであまりおすすめしません。自分にとって綺麗になるのはいいのですが油分がある程度残るるぐらいが丁度いいのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い。

10代のころはよくニキビができていました。鼻のあたりにできたり、頬のあたりにきたり。

しかもいやらしいことに先が白くなっていたり、もしくは赤く腫れて炎症を起こしてることもありました。きたなかったのが印象的です。

さらには周りから「汚い汚い」という言葉をよく言われたことを今でも思い出します。

大学ぐらいになってからようやくニキビの落ち着き、よかったなと思っていたのですが、社会人をある程度こなすようになってから、以前ほど広い訳では無いのですが、ニキビができ始めました。

これがいわゆる大人ニキビなんですよね?うっとうしいなぁというのが今の正直な気持ち。

しかも私の体質なのかどうかわかりませんが、大人ニキビができてからどんなに一生懸命清潔を保とうとしてもなかなか治らないですし、むしろ酷くなる時もあるのです。

体質が変わったのかなと思い食事を気をつけたり、ニキビができにくい食事を心がけたりしてるのですがどうも芳しくないようです。

しかもその大人ニキビなんとあごの辺りばかり出ているではありませんか?これってすごく辛くて、キスもできやしない。

 

隠すことは隠すことができるんですから。マスクなどを使えば。

でも毎回そういうわけにはいきませんね。マフラーなどで隠したり余計にかゆみが出てきて炎症故障な感じしますし、若い時のような赤く腫れあがるニキビの方が薬があってむしろ早く治っていたような気がします。

 

ですので私はこのブログの中で大人にきび等思春期ニキビの違いについて調べていこうと思っています。