社会人にきびのケアまとめ

大人ニキビつまり私がよく使っている社会人ニキビについてちょっとまとめてみました.
・不規則な生活をしないこと.
・乾燥肌をできるだけ保護するということ.
・保湿成分をしっかりと使うということ
・肌を直接外気に触れないようにするということ.
・外気温が低いときは、できるだけそれに触れないようにするということ.
・思春期ニキビの化粧品は絶対に使わないということ.
・油分でできているニキビとは違うということを理解すること.
・洗顔に気をつけるということ.

などです.
これらは対策というより、

あくまで社会人にきびについての自分なりのまとめです.

これをしたからといって必ずしも治るわけでもありませんし、

効果があるのかというかどうかはわかりませんが、

それも人によって体質によって違ってきます。

しかし、これをしなければどんどんと広がっていくというか、

わるくなってしまいますね.
本当にそれは感じます.

これさえきちんとしておけば、

少なからず今よりもにきびはマシになると思っています.

それは体質によって違っていたとしても、

こればかりは共通して言えると思います.

全体的なまとめとして書きますが、

もっと掘り下げて調べていくと、

いろいろなことがわかってくるかもしれませんので、

これからも対策を立てていきたいと思っています

探れば探るほど。

前回の大人ニキビについてまとめてみました.

社会人になればこういったニキビ対策をしていくことで、

何とか防いで行くことができる私はそう信じています.
もちろんこれらすべてというわけではありません。

それからもいろいろ調べてみると、

こういった商品を使えば良いとか、

乳液はこれが1番良いとか.

ありましたし、

保湿するためには天然成分を含んだ

ものがある成分を含まれているものを使った方が良いなど

具体的な情報も手に入れることができました.

しかし私は、同時にかんじたことがあって、

それは表面的なケア方法よりも、

内面的なケア方法をもっと充実刺した方がいいのかな?

なんて思ったりしました.

だって社会人ニキビといっても20代でできる社会人ニキビと

60代でできるものとでは全く違ってきますものね.

としをとってそれほど荒れている人も見たことがありませんし。

ということはやっぱり食べ物とか生活スタイルとかも

大きく関係しているんだろうなということが分かってきたんです.
ですのでもっともっと大きくを研究していかなければいけないなという事も

わかってきました.

なかなか深いですね。

社会人ニキビというものは。

だからこそ興味がわいてくるのかもしれません。

社会人にきび

思春期ニキビとは違って、

今できているニキビが言ってしまえば社会人にきびとしましょう.

よくあごニキビとは言いますが、

私はあごニキビ以外にも

いろいろ他にも出てきますので、

社会人ニキビと勝手につけています.
この社会人ニキビについてですが、

洗顔をすればするほど余計に出てくるんです.

昔のもぐらたたきのゲームと同じように、

へこんだと思ったらまた出てきて、

またへっこんだと思ったら出てくるという

何だかいたちごっこのような気がしてなりません。
インターネットでいろいろ調べてみると、

乾燥肌になりそこから刺激を受けて炎症が起こり、

ニキビができるということでした.
乾燥肌・・・何だか懐かしく思います.

だって私は乾燥肌になりたかったんですから。

昔は思春期ニキビができていた頃は油分が多いって事でしょ?
ということは油分が少なくなる、

つまり乾燥肌になって常に保湿成分ておくような状態になって欲しいなと思っていたぐらいですから、

それが今は念願かなってようやく乾燥肌になったと喜びたいところです.

しかしこのような問題が起こるなんて思ってもしませんでした.

そうなんです、

社会人ニキビに繋がるなんて想像もしていませんでしたから.

願い叶ってまた問題が出てくる・・・

そう言った感じなんでしょうね.

だからこそまた考えていかなければなりませんが、

思春期ニキビのように思い出になるのかななんて思ったりしています.

そんなのんきなことは言ってられませんので、情報をまとめてもっと考えていかなければいけないなと思いました。

思春期ニキビについて

若い時、

特に10代などでできるニキビの場合は、

膿がたまっているような感じで、

まあ、見た目からすると汚らしいですよね.

しかし、それらは綺麗に洗顔をしていたり、しっかりと洗顔をしていると抑えられているような気がします。
そしてまたそのニキビを見ると変な言い方ですが、

「青春なんだなあ」と思ったり、

体の中が一気に大改造をおこしてるだろうなってことはよくわかります.
汚いものができているというよりも、

体の中でいろいろなものが活発に動いているからこそ、

こういったものができるんだと割り切れる自分もいました.

だから何か一緒に思い出作りに励んでいるような気がしたんです.
青春ニキビについてもしくは思春期ニキビについては、

いろいろなものがニキビケア商品として販売されていますよね.
若者のシンボルとして、

綺麗な肌であり続けたいと願うのと同時に、

このニキビができることが一つのシンボルとして、感じていました.
今となっては懐かしく思えますし、

どことなく愛嬌があるような・・・

変な感じですが、そういう風に思いました.
ニキビケア商品も肌がカサカサになるぐらい

油分を取ってしまうものでしたか.

でも、当時はそれでよかったと思っています.

今それを使うと間違いなく肌がやられてしまいますものね.

カサカサいいますもの。

比較して分かったこと。

押入れの奥から私の学生時代の写真が出てきました.
とても懐かしい写真でした.
友達と映っている私の顔をみてみると、

そこには思春期ニキビができていました.

あのころは一生懸命洗顔をしていたのにもかかわらず、

こうやってニキビができていたのと懐かしく思いました。

ふと思ったのですが、

最近、会社の研修旅行に行って映した写真があることを思い出し、

それを見てみると、

まだニキビができているわけです。

これこそ大人ニキビだと今更ながら思いました.
この二つの違いってなんだか時間の経過などいろんなことが

感じられるものですが、

できている種類が全く違うんですよね.

これが面白いところです.

今まででもいろいろ書きましたが、

その違いについて

もっともっと見ていきたいなと思いました.

ケア方法なども全く違ってくるわけですが、

それ以前にこの二つの違いというのものを、

もっと掘り下げて見ていくべきだ、

そうすることによって、

今私が感じていることと、

同じようなことを思う人、

もしくはその違いについて、

悩んでいる人に、

何かしら情報提供できるのではないかと思ったのです。

これからもこのことについて、

深く見てきたいと思っています。