どちらかわからないとき。

青春にきびと大人ニキビとどちらかわからないというグレーゾーンの人もいるかもしれません。だからといって、どちらの対策をしてもいいのかというと違いますね。

こういうときはどうしたらいいのでしょうか?

この場合は、はっきり言って、皮膚科にいくのが無難です。またにきびをきちんと治すのならば皮膚科が一番いいでしょう。処方された薬ももちろんのことながら、レーザー治療やいろいろな治療法がありますので、お肌の状態にあわせて対策を立ててくれるからです。

また、レーザー治療が怖いし、跡が残るのもなあと考える人もいるかもしれませんが、このてんは心配は要りません。あくまで専門的な治療ですから、傷口がのこるとか、痛くてたまらないとかはありません。

またその方の肌の状態をみて、どういう治療が適切かを選択してくれますので、安心して治療が受けられます。これならどちらのニキビに対してもいいですよね。

ただ、問題は費用と時間です。

病院に通う以上、お金がかかります。特にこういった専門的な治療を受けるとなるとなおさらです。

また時間もかかります。忙しい方ならその分時間を作ることができるのかといわれると厳しいのではないでしょうか?

この点をふまえて皮膚科にいくべきですね。まあ、一度いってみて相談されるといいでしょう。あくまで病院ですから、肌の状態のベストな方法を教えてくれるはずですので。

どちらのにきびかわからないときは皮膚科にいく、これでOKです。

 

大人ニキビのケア商品として

大人ニキビをきちんとなおしたい、そのためには乾燥状態の肌を保湿力の高い商品を使って対策をたてなければならないと前に話をしました。

そこで有効な商品としては、メルラインですね。コレひとつですべてまかなえる優れものです。人気もかなりあり、女性には有名な商品ですね。

気になるあごのラインの大人ニキビ。いくら対策を立ててもどうにもならなかったものが、この商品を手にしてからは気にならなくなったと好評のようです。素晴らしい商品ですね。

もうひとつの商品としては、パルクレールですね。こちらもメルラインと同様、よく売れている商品で、甲乙つけがたい商品となっています。

ただ、パルクレールは美白成分までふくまれているので、単なるケアだけでなく、その先の状態まで考えるとこちらの商品を選ぶ方も増えてきていますね。

 

ニキビを単に治すだけでなく、乾燥肌をなくし、潤いをあたえてなおかつ、美白までしてくれるのですから、すごいの一言です。女性にとってはリピートするのもわかりますね。

以上のように大人ニキビは青春にきびとはまったく違うものです。治らないと悲観することもありません。すぐれた商品が有るからです。どうしてよいか悩まなくていいのです。どちらの商品もおとなにきびに悩んでいる方々の強い味方なのですから。

冬になるといつも悩んでいた大人ニキビ。もし今年からこれらの商品を使うなら、もう今年からは普通に素肌を他の人に見せることができますよ。

 

大人にきびについて書く

青春にきびはこの前に書きましたが、このように対策としてはたてやすいのです。

簡単に言うと、適当にでもいいので、しっかりと顔を洗いさえすればまだなんとかなるのです。肌の状態が仮に荒れることになったとしても、若いからまだどうにでも修復もできます。ニキビができていることすらも、そもそも気にしなくても何とかなる年代なのですから。

しかし、大人ニキビはちょっと違います。

だからこそ考え方をまったくかえなければいけません。

今回はおとなにきびだけに特化して書いていきますね。

大人にきびは前にも言いましたが、乾燥肌による炎症です。ですので、まずはニキビを治すこと。つぎに乾燥肌を治すこと。

そして、乾燥肌の状態をなくすことといった具合に、段階をかなり踏まないといけません。

まずはにきびを治す点ですが、これは青春にきびのようなわけにはいきません。薬をぬって治すものではないからです。

まずは乾燥肌対策です。もちろん表面はきれいにしましょう。乾燥肌だからといって、石鹸を使わずに洗うというのはいただけません。

だって、そこにも少ないながらも毛穴があり、そこにもゴミなどがたまるからです。

汚れを落とすことは最低限の前提となります。

それで土地で言う更地状態になってから、しっかりと潤いを与えないといけないのです。

ここでポイントは保湿成分を含んだもの、保湿力が高いものを商品として、選ばなければなりません。

次回にこの点は記載しますね。

青春にきびだけを書く

大人にきびの場合は、乾燥肌による炎症ですね。ニキビというよりかは。

ですので、昔できたニキビ、つまり、青春にきびというものとは違うものとしてとらえるのが一番良いですね。

同一のものとしてとらえるとおかしなことになるのでしょう。風邪とインフルエンザぐらい違うんだと思ったほうがいいのかもしれません。

青春にきびのほうは、われわれが良く知っている商品でケアをすればよいのです。いわゆるふきでものの対策を行えばそれで十分です。

まさしく、皮脂と汚いものとが混ざって炎症をおこしているものですので、肌を綺麗な状態にすればそれでよいのですから、できる限り、皮脂や汚れを綺麗さっぱり落としてくれるものが良いということがわかります。

今回は青春にきびだけに特化して書いていきます。

よく知られている商品としては、クレアラシルとかが有名ですね。使うとわかりますが、きれいさっぱりというか、はだがかさつくくらい脂分を根こそぎ取ってくれます。にきびを作ろうと思っても油がない!というぐらい取ってくれますから、最高ですね。

またプロアクティブもそうですね。汚れを撮ってくれるだけでなく、脂分を確実に取ってくれるので、青春にきびに悩んでいる方は最高の商品でしょう。

これらの商品をうまくつかいこなしていくことが大切です。あとは乳液などをつけてケアをしていけば、対策としてはOKです。それでもなお、ニキビが気になるというのでしたら皮膚科にいって治療を受けないといけなせんね。

 

 

根本的なところに違いが

今ではインターネットでいろいろと解決時代ですよね?時間にゆとりがあるからインターネットができると捉えるか、インターネットを使わないと対処できないぐらい忙しいかは人の考え方次第ですが、大人ニキビができる原因のひとつとして、やはり現代人の忙しさに有ると思います。

昔と比べるとはるかにこなさなければいけない仕事量が多いと思います。その分ストレスになって、乾燥肌の状態が進んだり、肌に負担がかかるのも仕方がないのかもしれません。

ニキビ対策ケア商品もどんどんいいものが増えて息、最近では乳液や美容液、化粧水や保湿液などすべてが一つになったオールインワンジェルの商品も出てきているぐらいですから、忙しい方には朗報ですね。

むかしのように、いろいろな商品を使ってケアすることもなくなりました。それがいまでは面倒だとか、わずらわしいとかになってきているのです。世知辛い世の中になりました。

私が思うのは青春にきびとおとなにきびの根本的な違いは、アナログの世界とデジタルの世界との違いなんだなと感じますね。そんな気がします。調べてみると、昔の人はもしかしたら、大人にきびなどできていなかったかもそしれませんね。

もしくは仮にできていたとしても、気にしなかったか、そんなもの気にしているような状況ではなかったのでは?と思います。昔のほうがよき時代だったかはわかりませんが、仮におとなにきびができていたとしても、たいした問題ではなかったのかもしれませんね。

時間にゆとりを持つのがいい方法だと

昔ならしっかりと洗顔することが大切だ、とよく言われました。

体をよく動かすと、新陳代謝が活発化されるのですから、人一倍きれいに洗うことを意識しなければいけないと親からよく言われたものです。

ネットで注目すべき点でも書きましたが、10代20代ではニキビを含めいろいろなことが全く違ってきます。今ではインターネットで簡単に商品を購入することができる時代になりました。社会人になって忙しくなってきた時、朝早くそして夜遅く帰ってきて、なかなか店で購入することができない場合でも、インターネットを使えば、簡単に大人ニキビに対する対策ケア商品を購入することができます。

忙しい現代社会人だからこそできる大人ニキビ。その大人にきびを解消するために、販売されているものがインターネットで購入できるという、また皮肉な結果となっているわけです。

私が勝手に思うことなのですが、時間的にも余裕があれば行ってニキビってできにくいのではないかと思うのです。

やっぱり生活習慣と肌の関係はとても大きく結びついているからです。あくせく働かずに普通に生活できるぐらいだけの金が稼げるのなら、むしろ忙しい現代社会に身を置くのではなく、肌のために一般的な生活でゆとりある生活をすべきですよ、。それがいちばん大人ニキビに対する対策かもしれません。勝手いっている私もですが、おそらく間違ってはないと思っています。どんな商品よりも生活習慣ですよ。違いますか?忙しすぎるのです。

ネットで注目すべき点

小さい頃に出来たニキビというのは、友達と「お前結構ニキビできるようになったよな?」とか「ほんと、汚らしいよな」とか、まだ冗談半分でも言うことができたのですが、ある程度年を重ねてくると、ニキビと言われるものができたときからからかうことすらも、からかわれることすらも抵抗を感じるようになりました。

辛い事なんですよね。10代で生じる思春期ニキビと20代後半以降の大人ニキビについて前回話しましたが、やっぱり違いとしてはなにかと申しますと、新陳代謝が活発化されている10代の頃と全く違った形でできる20代からの大人ニキビとの違いですよね?

10代の頃の方がニキビは汚らしいのかもしれませんが、実質的にあの頃はとにかくキレイに清潔に保っていればなんとかまだ抑えることができたんです。

でも大人ニキビの場合はいくら清潔に保ってもう全く効果がないのです。それは原因が分かっていないからなんですよね?

答えとしては乾燥肌になっているからなのです。刺激を受けるとそこから炎症起こしどうしてもニキビができてしまうということになります。だから清潔すればするほどそれがかえって乾燥肌を助長してしまうことになり、余計に炎症起しまうということになるのですよね。だから清潔であればある分余計にニキビができるという悪循環を起こしてるということになります。美しい人ほどニキビが治らないという皮肉な結果になってしまいます。

何とかしたいんですよね本当に。だからこそクスリに頼ったり、洗顔フォームに頼ったりするわけです。10代はまだ余裕があったのに、流石に20代にもなると悲壮感が漂っています。これがとても虚しいですよね。

二つの違いって

大人にできるニキビと思春期の頃にできるニキビの違いについてこれから詳しく述べていきたいと思っています。

 

思春期の頃にできるニキビとはまさしくティーンエイジャーの頃にできるニキビで、10代の前半から20代差し掛かるぐらいまでの年代を指すのですが、このあたりにできるニキビはやっぱり新陳代謝が活発化している加減か、勢いが違うような気がします。

洗顔フォームを使ってゴシゴシときれいさっぱり洗い流すと気持ちもすっきりするので私も好きです。

 

肌を傷めないようにと泡立てて擦るのがいいのですが、どうもそれではなんだか物足りないと思い、どうしても手に付けて泡立てればそのまま一気に顔ゴシゴシとしたのが私の性分でした。

 

気持ちでスッキリする部分と、実際は奥の汚れが取れていないという不潔な部分があり、綺麗になったところにニキビは本当にきれいさっぱりなくなるのですが、やはり曖昧に洗っていた部分はかえってひどい炎症起こしててな気がします。

 

でもドラッグストアではニキビの対処法として、いろいろな薬が売っていますので、それらをうまく利用することによって思春期ニキビは対処できたような気がします。

 

大人ニキビについては後述したいと思うのですが、とりあえず思春期のニキビについては清潔に保つことが1番大切で、洗顔フォームはとりあえず自分にあったものを使うのがベストかなと思っています。

 

例えば顔洗った時にあまりにも張り付いた感じがする場合は、それだけ水分をとっていることになりますのであまりおすすめしません。自分にとって綺麗になるのはいいのですが油分がある程度残るるぐらいが丁度いいのです。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い。

10代のころはよくニキビができていました。鼻のあたりにできたり、頬のあたりにきたり。

しかもいやらしいことに先が白くなっていたり、もしくは赤く腫れて炎症を起こしてることもありました。きたなかったのが印象的です。

さらには周りから「汚い汚い」という言葉をよく言われたことを今でも思い出します。

大学ぐらいになってからようやくニキビの落ち着き、よかったなと思っていたのですが、社会人をある程度こなすようになってから、以前ほど広い訳では無いのですが、ニキビができ始めました。

これがいわゆる大人ニキビなんですよね?うっとうしいなぁというのが今の正直な気持ち。

しかも私の体質なのかどうかわかりませんが、大人ニキビができてからどんなに一生懸命清潔を保とうとしてもなかなか治らないですし、むしろ酷くなる時もあるのです。

体質が変わったのかなと思い食事を気をつけたり、ニキビができにくい食事を心がけたりしてるのですがどうも芳しくないようです。

しかもその大人ニキビなんとあごの辺りばかり出ているではありませんか?これってすごく辛くて、キスもできやしない。

 

隠すことは隠すことができるんですから。マスクなどを使えば。

でも毎回そういうわけにはいきませんね。マフラーなどで隠したり余計にかゆみが出てきて炎症故障な感じしますし、若い時のような赤く腫れあがるニキビの方が薬があってむしろ早く治っていたような気がします。

 

ですので私はこのブログの中で大人にきび等思春期ニキビの違いについて調べていこうと思っています。